2021年の駅伝大会は、新型コロナ沈静化の見通しが立たないため中止します。

対馬

21時間台で4位以内

チーム横顔

 昨年は22時間20分台で5位。今年は21時間台を狙っており、田中光総監督は「バランスのとれたチームに仕上がった。3年連続の離島勢トップと、初の4位以内を目指したい」と意気込む。

 エース格は陸自対馬の阿比留。神奈川大在学時には箱根駅伝にエントリーした経験があり、昨年卒業してUターンした。小学生時から数えて10回目の出場となる早田と陸自対馬勢の双璧をなしており、週末の一般男子の自主練習でチームをけん引。全体の底上げにつなげている。

 大学生は平成国際大の武末と日本文理大の扇が軸。2015年の全国高校駅伝で都大路を走った瓊浦高出身の同級生コンビだ。高校生は昨年11月の県高校駅伝で優勝した松浦から小茂田勁と網本が名を連ねた。いずれも区間賞を獲得して全国大会出場に貢献。大一番での勝負強さに期待がかかる。

 女子は故障者がいる中、チーム一丸で奮起できるかが鍵。伸び盛りの中学生や昨年5年ぶりに優勝した小学生区間も注目したい。田中光総監督は「社会人と大学生で先頭集団に食らいつき、高校生や小中学生につなげば面白いレースになる」とみている。

 

【リンク】昨年の成績

 

選手インタビュー

<黒岩蘭太朗> ゴールした後の達成感が好きで、小学4年からほとんど毎日走っている。昨年10月の県小学生クラブ対抗駅伝では、区間賞を取ることができた。前回の県下一周駅伝の小学生区間は対馬チームが優勝しているので、連覇できるような走りを目指したい。

大会出場メンバー

区 分 氏名 年齢 所   属 出場回数
総監督 田中光幸 54 対馬市役所 33
監 督 永留秀敏 50 対馬市役所 15
小茂田幸人 43 陸自対馬 3
一般男子 入來稔彰 37 陸自対馬 5
児玉博貴 35 空自対馬 3
安田和哉 33 対馬市役所 15
松田和也 32 陸自対馬 2
波田一徹 28 対馬市消防本部 7
中山公仁 26 陸自対馬 7
早田太一 25 陸自対馬 10
小田隆展 24 県対馬病院 5
阿比留和弘 23 陸自対馬 8
武末健志 22 平成国際大 6
扇 晃平 22 日本文理大 5
宮原 卓 33 長崎長与AC 10
日高健仁 19 長崎国際大 5
佐藤 光 18 鎮西学院高 2
小茂田勁志 17 松浦高
畑島良亮 17 瓊浦高 2
網本佳悟 16 松浦高 2
 壮年男子 小宮勇二 46 空自対馬
中島仁志 41 県対馬保健所 5
神宮周作 40 対馬市役所
 中学男子 古谷大翔 15 豊玉中 3
島居優成 14 西部中
田中瑞輝 15 雞知中
 小学男子 黒岩蘭太朗 12 鶏鳴小
俵 匠生 11 鶏鳴小
 女 子 古谷怜奈 17 鎮西学院高 3
冨 里衣 16 鎮西学院高 2
黒岩咲良 16 口加高
築城智恵 18 鎮西学院高
 中学女子 永井日和 15 雞知中 4
黒岩芽依 15 大船越中
 小学女子 田中ひより 12 鶏鳴小
山本果朋 11  佐須奈小