2021年の駅伝大会は、新型コロナ沈静化の見通しが立たないため中止します。

島原半島

狙うはBクラス優勝

チーム横顔

 昨年は直前で選手変更するなど苦しみながら、前年の記録を22分22秒も縮めた。今年の目標タイムは、さらに20分短縮する22時間8分39秒。就任2年目の竹村総監督は「Bクラス優勝を目指したい。狙えるメンバーがそろった」と自信をのぞかせる。
 エース格は順大2年の近藤。1万メートルで29分台前半を記録するほどに力をつけた。東農大3年の徳永翔、国士舘大3年の中村、東農大OBで農家ランナーの徳永晃らも主要区間を担う。主将の古瀬、経験豊富な高原尚、関東学院大出身で雲仙署に赴任してきた矢野、トライアスロンの各種大会で活躍する土手野佑、圭兄弟らも安定感がある。
 長崎国際大2年の入江、1年の中尾のほか、南部九州インターハイを経験した竹下、溝口仁、溝口泰の創成館高3年トリオも貴重な戦力。鎮西学院高3年の森崎、昨年11月の県高校駅伝7区(5キロ)区間賞の宮川ら、若い力でピンクのたすきを勢いづけたい。
 10年ぶりに挑む40歳の三浦は「地元の吾妻町を走るので楽しみ」と張り切る。女子は昨年16年ぶりに出場した元実業団選手の永友に注目。今月の県高校新人駅伝1区(4キロ)4位の原もスピードがある。小中学生も伸びしろ十分の選手がそろっている。

 

【リンク】昨年の成績

 

選手インタビュー  <前田 真太郎> 吾妻中、国見高時代はバスケットボールをしていた。就職してからはクラブチームの「愛穂」と「with V」でプレー。職場の後輩から勧められて昨年4月から陸上を始めた。今大会が初出場で2区間を走る予定。全力を尽くして地元のチームに貢献したい。

 

大会出場メンバー

区 分 氏名 年齢  所属 出場回数
総監督 竹村一 49 大平食品 19
監 督 林田二浩 48 南高愛隣会 12
森下大地 37 小浜消防署 11
一般男子 土手野佑介 23 長崎大大学院 3
高原尚輝 30 農業 12
古瀬僚太 32 南島原消防署 10
前田真太郎 26 三菱重工長崎造船所諫早工場
德永晃希 24 農業 6
矢野裕之 24 雲仙署 3
中村聡馬 21 国士舘大 2
徳永翔三 21 東農大 8
土手野圭 20 長崎大 3
近藤亮太 20 順大 4
入江龍 20 長崎国際大 3
中尾友哉 19 長崎国際大 2
竹下魁渡 18 創成館高 6
溝口仁 18 創成館高 3
溝口泰良 18 創成館高 3
森崎将尋 18 鎮西学院高 3
宮川康之介 17 鎮西学院高 3
壮年男子 林田二浩 48 南高愛隣会 12
松尾謙 51 落水正商店 10
三浦博照 40 陸自相浦 6
中学男子 馬渡光聖 15 有明中 2
溝田聖也 14 南有馬中
伯川聖宗 14 西有家中
小学男子 春田颯真 12 三会小
高原幸大 12 島原五小
稲本康紀 12 多比良小
女 子 永友優雅 35 南島原陸協 6
城谷桜子 20 大阪芸大 5
原あかり 17 口加高 2
瀬川葵 16 口加高
中学女子 吉田咲穂 13 西有家中 2
林田莉奈 15 有明中 4
小学女子 加藤涼 11 三会小
宗優歩 12 島原一小
野中ゆかり 12 南有馬小