2021年の駅伝大会は、新型コロナ沈静化の見通しが立たないため中止します。

西彼・西海

大学生の調子が鍵に

チーム横顔

  3連覇を狙った昨年は直前のメンバー変更に加え、途中棄権(タイム加算)もあって3位に終わった。大村・東彼や長崎とともに「3強」の座は守ったものの、目指す順位はもっと上。雪辱に燃える。
 今年も大学生の調子が鍵を握る。大会最長区間の最終日1区(19・2キロ)を昨年のレース直後に任命された片山をはじめ、朝長、江口、双子の新井遼と新井祐ら3年生に特に期待。関東生活1年目の森本らの活躍も楽しみだ。
 流れをつくるのは高校生。序盤の区間を担う浅井、横田は今春から、それぞれ大学、実業団で競技を続ける。新たなステージへ弾みがつく走りを見せられるか。地道に走力を磨く水本、松下ら一般区間の市民ランナーや、尾崎を中心とした壮年区間の粘りも不可欠になる。
 中学生は2年生塩見が成長著しい。今月の県中学駅伝新人合同記録会は4区(3キロ)で区間新と快走。女子は長崎商高時代にアンカーでV2に貢献した長與らが引っ張る。
 3強崩しを狙う他チームの状態なども気になるが、辻川総監督は「自分たちの走りに集中。力以上のものは出そうとしなくていい。今の実力をしっかり表現できれば結果はついてくるはず」と選手たちの奮起を促す。

 

【リンク】昨年の成績

 

選手インタビュー <木戸 海秀> 陸上を始めた小学2年から一人でバスを乗り継いで練習に通う。学校の持久走大会は毎年1位。走る時間が長い分だけ、楽しむ時間も長いから長距離が好き。県下一周は初めてなので楽しみ。箱根駅伝に出ることが目標。もっと速くなれるように毎日頑張りたい。

大会出場メンバー

区 分 氏名 年齢 所属 出場回数
総監督 辻川学 65  満寿美観光 27
監 督 山下昌弘 61  小山建設 5
柴山未来 38  柴山内燃機自動車
一般男子 水本直行 31  ナガサキデンソー 5
木村壱正 22  流通経大 3
朝長拓也 21  長崎国際大 3
片山拓海 21  平成国際大 4
江口大雅 21  駒大 3
新井遼太 21  第一工大 2
新井祐太 21  拓大 3
松下颯人 20  日本塩回送 3
富永裕憂 19  専大 5
森本翔太 19  帝京大 5
山田亮太 20  山梨学院大 2
横田玖磨 18  瓊浦高 2
松野颯斗 18  瓊浦高
浅井海堂 18  鎮西学院高 2
小林大晟 17  鎮西学院高 4
本山凜太郎 17  鎮西学院高
前山 蓮 17  瓊浦高
壮年男子 林田克則 46  長崎セント・ノーヴァ病院 26
尾崎 聡 44  時津町役場 6
川元輝国 46  希望が丘高等特支教 26
中学男子 川口新太 14  長与二中
坂本迅太 15  大崎中 2
塩見昊瑛 14  時津中
小学男子 木戸海秀 12  長与南小
田嶋 哲 13  時津東小
柴山 翔光 12  時津小
女 子 柴原 佑紀 20  東農大 5
長與 桜子 20  福岡大 3
花田 雪乃 18  長崎南高
大原 美月 18  諫早高 2
中学女子 深江優衣奈 13  長与中
田口 由莉 14  西彼中
小学女子 小山 夏子 12  西海小 2
松永 乙華 11  時津北小
福用 朝陽 12  時津北小