本大会は終了しました。ご声援ありがとうございました。

佐世保

佐世保半端ないって

チーム横顔

 男女とも予定していた主力が故障で欠場するなど万全なチーム構成ではないが、毎週の練習会で地道に高めた団結力を胸に「22時間切りで総合3位」を目標に掲げる。チームリーダー福地は「人口は県内2位。しっかりと走りもアピールしたい」と意気込む。

 出場15回目の福地とともに市民ランナーとして存在感を放つのが25歳の内海。現在は母校の長崎国際大で後輩たちの指導にも携わり、昨年12月はチームメートで中学教諭の池田らと福岡国際マラソンで走力を磨いた。実業団選手の浦野が主要2区間を担うのも好材料。ここに大学生の力も加わればたすきは勢いづく。

 昨年の福井国体に出場した別府、全国高校駅伝を走った植村ら高校1、2年生の走りも楽しみ。上り調子のチーム最年長、戸田国は一般区間での出走の可能性もある。壮年勢や小中学生がどれだけ粘れるかが一つのポイント。女子は早岐中時代から全国中学駅伝や全国都道府県対抗駅伝などを経験してきた吉塚有、今月の県高校新人駅伝優勝メンバーの森田らに注目したい。

 宮崎総監督は「大崩れせずに全員でカバーする。チームは温かい家族のような雰囲気。他から“いいね”と思われる3日間にできれば」と闘志を燃やしている。

 ▽昨年4位(Aクラス4位)22時間20分42秒

選手インタビュー  <永田 維吹> 出走予定の第1日3区(10・2キロ)と最終日11区(13・4キロ)は元県下一周ランナーの父も引退時に走った区間。気合が入るし、負けたくない。昨年、一昨年も出たかったが体調不良で欠場したので、今回は三度目の正直。小さい頃から憧れていた舞台を楽しみたい。

大会出場メンバー

区 分 氏名 年齢  所属 出場回数
総監督 宮崎義高 62 佐世保市教育センター 12
監 督 吉塚一典 53 佐世保高専教 20
横田裕介 46 西海学園高教 10
一般男子 内海健 25 長崎国際大職 9
福地宏行 37 アイワ商事 15
池田創 37 清水中教 6
浦野輝 25 MHPS 5
尾崎徹 33 佐世保市陸協 5
友久保勇介 30 波佐見町役場 4
戸田国臣 49 大阪鋼管 2
鳥羽虹貴 23 こころ医療福祉
櫻木洪士 27 鹿児島陸協 5
鶴田高悠 21 熊本大
永田維吹 21 長崎国際大
廣瀬航 19 長崎国際大 3
坊上慶隆 20 長崎国際大 3
中野晃希 18 佐世保高専 2
植村優人 17 松浦高 4
別府明稔 16 川棚高 2
廣川裕次 16 川棚高
壮年男子 正林淳 45 海自佐世保 4
山本英史 44 カワシモスポーツ 5
戸田国臣 49 大阪鋼管 2
中学男子 小川栄人 15 中里中 2
田中 喜琉 14 清水中
戸田颯人 14 日宇中
小学男子 伊藤奏大 12 早岐小 2
飯島倫太郎 12 日野小
筒井 巖仁 12 天神小
女 子 吉塚有紀子 18 川棚高 6
森田 真帆 16 諫早高 2
森なつみ 27 東七
中学女子 川尻優里 15 清水中
小学女子 戸田茉莉奈 11 大塔小
岩崎茜 11 中里小