本大会は終了しました。ご声援ありがとうございました。

長崎

長崎が一つになる407.3キロ

チーム横顔

 昨年は“3強”の一角を死守した。今年は大砲が不在で市民ランナー主体の編成となったが、選手たちの士気は高く、どの区間も安定した走りが期待できる。毎週水曜日の練習会で個人の走力を高め、チームの絆も強めてきた。鷲尾勉総監督は「Aクラスは譲れない。結束力で勝負」と意気込む。

 1月の雲仙小浜SPAリゾートマラソンで一般男子ハーフを制した主将の石田、経験豊富な鷲尾優、元実業団選手の濵田、初出場ながら好調の福本に加え、大学生の小畠、財前、濱添らが主要区間を担う。壮年男子の本村、濱地は昨年の最終日8区(5・5キロ)、同10区(4・9キロ)でともに区間賞を獲得している。

 女子は1月の全国都道府県対抗女子駅伝に出場した十八銀行の山崎、諫早高の平岡、長大付中の角町ら戦力が高い。小学生は登録選手6人のうち4人が、いずれも一般男子の栁が指導する南部ACに所属。「長崎の強さをしっかり見せたい」(栁)と発奮材料の一つになっている。

 「若手に経験を積ませたい。来年以降も視野に入れたメンバー構成」と鷲尾勉総監督。それでも「第1日に流れに乗れるかが鍵。粘り強いたすきリレーを」と3位以内を見据えている。

▽昨年3位(Aクラス3位)22時間7分17秒

選手インタビュー  <福本 雄貴> 大村工高時代はラグビー部。4年前、健康づくりで走り始め、魅力にはまった。2年前の秋から長崎チームの練習会に参加。先月、雲仙小浜SPAリゾートマラソンのハーフで初めて1時間10分を切った。ラグビーで鍛えた体幹と粘り強さでチームに貢献したい。

大会出場メンバー

区分 氏名 年齢 所属 出場回数
総監督 鷲尾勉 41 三菱重工海洋鉄構 17
監督 西浦幹生 60 NTT西日本 2
山川貴広 37 瓊浦高教 15
一般男子 鷲尾優一 41 三菱重工長崎 11
濱地雅浩 41 三菱日立パワーシステムズ 2
杉谷隆之 31 杠葉病院 10
石田紘樹 29 三菱重工長崎 7
安西健二郎 35 三菱日立パワーシステムズ 2
森田正幸 27 長崎市役所
田原正則 26 MHIマリテック 6
福本雄貴 26 三菱電機
濱田和浩 22 三菱重工長崎 7
栁友祐 22 早瀬鉄工所 3
小畠隆太郎 21 順大 3
財前大志 21 久留米大 3
濱添大地 22 東京国際大 6
田中智也 18 鎮西学院高 2
長島玲音 17 瓊浦高 2
平岡和徳 16 瓊浦高
新郷幸聖 16 瓊浦高
壮年男子 濱地雅浩 41 三菱日立パワーシステムズ 2
本村健太 43 長崎中央郵便局 16
橋口公一 42 マゴオリ 17
中学男子 入濱輝大 15 淵中 3
川内琉生 15 橘中 3
濱口誠太 14 土井首中
小学男子 柴原秀斗 12 香焼小
山下慎太郎 12 形上小
安田虎雅 12 蚊焼小
女子 山崎なず菜 23 十八銀行 12
平岡美紀 18 諫早高
石本真歩 17 瓊浦高 6
中村澪奈 16 瓊浦高
中学女子 角町友芽梨 15 長大付中 3
松本わかな 14 東長崎中 2
小学女子 上田鈴華 12 土井首小 2
谷内美咲 11 村松小
峰小春 12 土井首小