2021年の駅伝大会は、新型コロナ沈静化の見通しが立たないため中止します。

北松・松浦

自己記録を1秒でも

チーム横顔

 昨年は9位でCクラスに後退。今年は一般男子、壮年男子計20人中、松浦高のOB、現役が合わせて14人エントリーした。その松浦高は昨年12月の全国高校駅伝に2年連続3度目の出場を果たし、地元を元気づけた。
 同校OBの大学生がチームの軸となる。堺や浜崎、北島は昨年の実績もあり、主要区間で起用されそうだ。このほか、石田、辻畑、白石大がどんな走りを見せるか。OBではないが堤、松瀬の存在も頼もしい。社会人は大学時代に箱根駅伝を経験した吉田、白石海のほか神崎、大久保がどうつなぐかも注目だ。
 現役では11月の県高校駅伝3区(8・1075キロ)区間賞の内野が主力。昨年、最終日9区(3・1キロ)でチーム唯一の区間賞を獲得した吉浦悠は今年も区間1位を狙う。昨年は佐世保チームでメンバー入りして今回が2度目となる小川や、初出場の平川、山口も調子を上げてきた。
 壮年の廣永友は今年も小学男子の廣永涼と親子で出場。女子や小、中学生は昨年暮れの予選会や、各地で行われた大会の成績を参考に選ばれた。川久保総監督は「全員、自己記録を1秒でも縮める気持ちで、挑戦してほしい」と期待する。

 

【リンク】昨年の成績

 

選手インタビュー   <北川 祐> 松浦市の離島、鷹島からは一人だけエントリーした。昨年に続き2度目の出場。走るのが好きで3年生から鷹島陸上クラブで活動。各地のロードレース大会に積極的に参加している。今年も選ばれてうれしかった。調子はいい。昨年より成長した姿を見せたい。

大会出場メンバー

区 分 氏名 年齢  所属 出場回数
総監督 川久保次男 58 中興化成工業 13
監 督 大塚純司 42 松浦消防署 8
松田徳一 54 愛光園 10
一般男子 神崎慎吾 36 県警 9
吉田明広 30 SUMCO伊万里 6
白石海斗 26 松浦消防署 10
大久保功貴 39 県庁
石田光一 22 東京経済大 2
堺健太郎 21 上武大 5
浜崎克己 21 亜大 6
辻畑史仁 21 県立大 2
堤真人 21 平成国際大 2
北島辰也 18 関東学院大 3
白石大以夢 18 日本薬科大 4
松瀬光希 18 長崎大
内野李彗 17 松浦高 4
平川豪流 17 松浦高
小川栄人 16 松浦高 2
山口大雅 17 松浦高
吉浦悠 16 松浦高 6
壮年男子 廣永友晴 44 西日本プラント工業 4
宮村高弘 42 佐々木冷菓
福田英樹 44 松浦消防署 4
中学男子 澤田壮史 15 志佐中
浜野元気 14 御厨中
丸山瑞輝 14 御厨中
小学男子 廣永涼翼 12 佐々小 2
谷村哲平 12 星鹿小 2
黒澤和真 12 星鹿小
女 子 久保川悠 16 佐世保西高
鴨川杏那 17 清峰高
北野唯奈 16 北松西高
吉浦明希 15 志佐中 5
中学女子 萩原志歩 14 志佐中 3
河野弥奈 13 調川中 2
小学女子 北川祐 12 鷹島小 2
吉岡玲奈 12 調川小
山本胤 12 調川小