本大会は終了しました。ご声援ありがとうございました。

諫早

駅伝を楽しみ躍進

チーム横顔

  昨年は9位。レース中のけがなどで2回途中棄権したのが響き、Cクラスに落ちた。倉橋総監督は「昨年の反省を生かし、今年は準備万端。躍進の3位以内を目指す」と雪辱を期す。

 大学生8人を主要区間に起用。2年連続で体調不良のため当日欠場となった金丸は、その悔しさを晴らす快走を見せたい。2年前に最長区間の最終日1区(19・2キロ)で区間賞を獲得した井手は今春、諫早市役所にUターン就職する予定。「今後の諫早の主力として存在感を見せる」と気合が入る。エースは箱根駅伝で山下りの6区(20・8キロ)を走った池田。「関東で頑張れたのも故郷の支えがあったから。結果で恩返しをしたい」と力走を誓う。

 壮年男子の荒川は20歳の時以来、29年ぶりに出場。小学生の娘2人が陸上を始めたのをきっかけに一念発起し、この大会に照準を合わせて1年間トレーニングを重ねてきた。小学生は男女とも県内のロードレース大会で好成績を収めた選手をそろえ、優勝も射程圏内だ。

 倉橋総監督は「大学生ら若い力で3日間ともスタート区間上位を狙える。その勢いで楽しくたすきをつないでいければ」と自信をのぞかせる。

 ▽昨年9位(Bクラス4位)23時間11分59秒

選手インタビュー  <松下 勇樹> 5才からサッカーのクラブチームに所属しながら、森山西小、森山中で陸上もやってきた。春からは創成館高に進み、陸上の長距離一本で勝負する。その覚悟と、陸上を好きにさせてくれた両親やコーチへの感謝を示せるような走りをしたい。

大会出場メンバー

区 分 氏名 年齢  所属 出場回数
総監督 倉橋賢二 58 小長井中教 23
監 督 入江初舟 42 鎮西学院高教 9
土井高志 37 県立盲教 7
一般男子 橋本裕太 33 三菱重工RC 7
前野弘隆 33 諫早消防署 2
門畑龍星 24 長崎大 7
西尾祐紀 23 筑波大大学院 5
西村 涼 22 亜大 7
池田眞臣 22 山梨学院大 8
井手優太 22 帝京大 7
金丸逸樹 21 筑波大 5
川良昂世 20 関東学院大 5
原田宗広 20 順大 4
竹田拓弥 19 県立大 5
田中雅也 18 鎮西学院高
新 康生 18 鎮西学院高 3
吉川翔太 18 鎮西学院高
脇山将悟 17 諫早農高 2
宅島優希 17 鎮西学院高
金 泳勲 17 鎮西学院高
壮年男子 荒川聖幸 49 保険のイチノセ 3
森田 稔 40 三菱日立パワーシステムズ 9
中学男子 松下勇樹 15 森山中
後田 築 14 西諫早中
山口義斗 15 西諫早中 2
 小学男子 近藤庵慈 12 真津山小
橋本龍太 12 真津山小
横田 陸 12 長田小
 女 子 大津安沙菜 18 諫早高 2
黒川 光 17 諫早高 3
山下真央 15 諫早高
濱崎乃愛 16 鎮西学院高
中学女子 樋口みさき 15 西諫早中 4
渡邊 陽 14 諫早中 4
 小学女子 井上みさき 12 真城小 2
藤原咲来 11 北諫早小
渡部奈桜 11 北諫早小